男と女の恋愛心理学研究 男心をつかむモテる女の恋愛テクニック 重い女にならないためには

重い女にならないためには

重い女、軽い女なんていう言葉があります。 どちらもあまりいい意味ではありませんが、恋愛においては 重いよりは軽い方がうまくいきやすい。自分が重い女になっていないかチェックして改善できる点があれば、 改善し男性を疲れさせる重い女を卒業しましょう。


男性、彼氏に重い女といわれる女性は、自分の負の感情を頻繁に相手にぶつけています。 彼氏が好きかどうか不安でなんども「私の事好き?」なんて質問したり、 浮気していないか心配で電話やメールを頻繁に四六時中送ってくるなどの特徴があります。 いわゆる束縛する女とも言えます。 実際彼氏は本命の気持ちで愛してくれているのにそれでも愛情を疑うということは、 男性を信用していないということです。男性はプライドが高いので、一度疑われていると感じると なかなか信頼関係が回復できなくなります。結婚している夫婦であっても 携帯を勝手に見ると離婚や別れの原因によくなります。それだけ信用問題、仁義、義侠心にうるさいのが男心なのです。


逆に軽い女はどうでしょうか。最近では少し軽めの女性を小悪魔系女子なんて言ってもてはやされています。 それは気軽にデートや遊びに誘える女友達のようにも思えるし、彼女か恋人のようにも感じられるからです。 軽い女性はフットワークが軽く身軽なため沢山の男性からアプローチされやすく モテモテであることが多い。どんな男性と遊ぶときでも、相手を無駄に詮索したり疑ったりしないので 付き合いやすいのです。このようにフレンドリーなのに親密な関係になれない女性は男心を惑わす魅惑の存在です。 恋愛は追うと逃げられ、逃げると追われるものです。特に男性は狩猟本能があり、自分で必死に努力して獲得したものに 価値があると考える。女性に必死になられるよりも自分が頑張りたい生き物です。 軽い女は、男性を上手にコントロールして頑張らせる才能があるのでしょう。 だから男側としても遊ばれるとわかっていても、ついつい手を出したくなるのです。




・ポジティブな女性は好かれる
上記の文章を見れば重い女かどうか診断する方法はわかってきたでしょうか。 つまり簡単に言ってしまえば重い女は相手の気持ちに対して悲観的、ネガティブ思考なんです。 人間の心理は鏡に映したようなものだと言われます。目の前にいる人に対して「嫌われているかも」 と思っているとその負の感情が体全体を通して無意識のうちに相手に伝わります。 いわゆる言葉のないコミュニケーション、ノンバーバルコミュニケーションというものです。 心を許している相手には自然と近づいて体も正面を向けるし表情は笑顔で目が輝きます。 しかし不安だと目が濁るし、どこか不機嫌そうな顔になる。


逆に男にモテるような女性は楽観的で自信家な人が多く「この男は私のことを好きで当然」 であるかのような態度で男性に接します。男性もそれを察知して「俺がこの人を好きなのは当たり前のことなのかも」 とついつい考えてしまう。これこそがモテる最大の秘訣です。 男女関係は少し馴れ馴れしく接し、ずうずうしく話しかけるぐらいで調度いいんです。 若いうちは受け身でも大丈夫かもしれませんが、年齢を重ねて20歳代、30歳代にもなると 自分からアプローチする積極性も大切です。重い女にならないように適度な距離感を保ちながら アタックしましょう 改善、特徴 卒業 対処 チェック 診断





スポンサードリンク



メニュー

男心をつかむモテる女の恋愛テクニック

Copyright 2013 男と女の恋愛心理学研究 all rights reserved.